マッスルアライブとは?

マッスルアライブは、筋肉の活動を音と光とグラフィックでリアルタイムにお知らせする筋活動センサーです。筋肉の動きを知ることで、効率の良い筋肉の使い方を身につけることが出来ます。

  • 福井大学との共同研究の成果を商品化

    福井大学と共同研究を重ねたバイオフィードバックの技術を一般向けに商品化。

  • 音と光とグラフィックでリアルタイム

    筋肉の働きを感知し、リアルタイムに音と光でお知らせします。

  • タブレットで筋活動データを見る、聞く

    フィードバックによってより質の高い効率的な運動が実現されます。

マッスルアライブを使用した練習方法

1.マッスルアライブを貼る 2.スイング練習 3.筋活動を音で確認

体験者の声

40才 男性 右利き
身長:175cm 体重:76kg
ハンディキャップ 10
自分が筋肉を意識した時に音が鳴るので、うまく飛んだスイングの音のタイミングを覚えて、そのタイミングで音が鳴るように筋肉を意識してスイングしました。初めて使いましたが、良い練習になりました。

スイングに必要な筋肉とは?

図の筋肉はスイング動作においても、歩行動作においても重要な役割を果たしています。
ゴルフを楽しむために、ゆっくりと時間をかけて鍛えてゆかれることをお奨めします。

スイングに必要な筋肉とは?
(A)前脛骨筋 前後に傾斜している地形で、足関節でバランスをとりスイングするために必要な筋肉
(B)腓腹筋 前後に傾斜している地形で、足関節でバランスをとりスイングするために必要な筋肉
(C)ヒラメ筋 左右の足を高さの異なる位置に置いて、バランスをとりスイングするために必要な筋肉
(D)大腿直筋 膝を曲げて、しっかりと体重支えるために必要な筋肉
(E)内側広筋 膝を内側に向けて、しっかりと体重支えるために必要な筋肉
(F)脊柱起立筋 スイング中に安定した前傾姿勢を維持するために必要な筋肉
(G)腹直筋 スイング中に骨盤をしっかりと保持するために必要な筋肉
(H)外腹斜筋 スイングに重要な役割を持つ上体の捻り、捻り戻しに必要な筋肉
(I)上腕三頭筋 ダウンスイングの後半で肘を伸ばすために必要な筋肉
(J)胸鎖乳突筋 ボールの位置をしっかり確認するために必要な筋肉

マッスルアライブを使った バイオフィードバックトレーニング

バイオフィードバックトレーニングとは、筋肉の働きを認識して、上手く使うことで、動作を変化させ、パフォーマンスを向上させるトレーニング方法です。

筋活動センサーマッスルアライブ

マッスルセット ベーシックタイプ

19,800円(税抜)

マッスルアライブ for Android & 筋電表示アプリⅡ

68,800円(税抜)

マッスルアライブ for Android & 専用タブレット

97,800円(税抜)

筋活動をグラフィックで視覚的に確認するには、マッスルアライブ以外にタブレットが必要です。
商品一覧dへ ご注文フォームへ
PAGE TOP